【BSC春のスポーツ体験会】参加者募集中!

このたび当クラブではサッカー、バスケットボール、陸上のスクール体験会を開催します。スポーツを始めたいなときっかけを探している方に是非参加して頂きたいです。スポーツ経験に関わらず、初心者でも楽しめるプログラムを用意しております。それぞれの種目でコーチたちが楽しくサポートします!

イベント詳細について

下記詳細をご覧の上、お申し込みをお願いいたします。

開催日時

  • ●サッカー(幼児クラス) 16:00~17:00:5/25(水),6/8(水) 定員:10名
  • ●サッカー(小学生クラス)17:10~18:40:5/25(水),6/8(水) 定員:15名
  • ●バスケットボール    18:00~19:00:6/1(水) 定員:15名
  • ●陸上          13:00~14:00:5/21(土),6/4(土) 定員:15名
  • 対象学年

    幼児(年中~年長)、小学生(1年生~小6年生)

    ※サッカーのみ幼児クラスがございます

    ※各日程ごとに定員を設けております。定員を超える申込があった場合は先着順とさせていただきます。

    参加費

    無料

    持ち物

    動きやすい服装、水筒、タオルや着替え(脱ぎ着出来る物が好ましい)

    ※道具はクラブで貸し出します

    後援

    大津市・大津市教育委員会

    お申込みについて

    〈サイトでの申込〉下のボタン、申込フォームから参加申し込みいただけます。 体験会のお申込みはこちら

    〈メールでの申込〉

    件名:スポーツ体験会 ①お名前(ふりがな) ②性別③学校名④学年⑤連絡先(携帯番号)⑥参加希望日程、種目

    を記載の上、contact@biwako-sc.jpまでお願いいたします。

    お問い合わせ

    BSC事務局 メールアドレス:contact@biwako-sc.jp 電話番号:090-3865-0722

    【BSC運動遊びスクール】4/17(日)活動日記

    BSC運動遊びスクール

    BSC運動遊びスクールとは?

    • ・カラダを動かすきっかけがほしい

    • ・専門的なスポーツを始めるにはまだ早い
    • ・とにかく楽しんでできる運動がしたい
    • コロナ禍で子どもの運動機会が減っている今こそ、運動遊びスクールでカラダを動かす楽しさを知ってください!⁡⁡


      今年度はより”運動遊び”の要素は残しながら、できて嬉しい!技に挑戦!のように体操の技にも挑戦!4月2回はマット運動「前転」「後転」「倒立」に挑戦しました!
      ⁡子どもたちの成長はめざましく、日々難しい技にも挑戦する気持ちが強くなってきたり、チャレンジしてできるようになったりなど、スポーツを通して心も育ってきているように感じます!


      スクールの申し込みはクラブ公式ラインまたはメール: contact@biwako-sc.jpまでお願いいたします。他にも情報等はクラブ公式サイトよりお問合せお願いします!

      スクール無料体験フォームはこちら

    【OB選手情報!】プリンスリーグ出場!大山選手!

    OB選手情報!

    当クラブOB、大山選手がプリンスリーグに10番を背負って出場を果たしました。大山選手からコメントをいただきました!

    大山 瑛明(おおやまえいめい)選手

    • 【経歴】安曇川・BSCサッカースクール高島校-BIWAKO.S.C.ジュニアユース-綾羽高校
    •   プリンスリーグ出場

    ①プリンスリーグに出場して感じたこと

    「体格の差」「プレースピード」「次のことを考える予測」の部分が中学や高校での県2部などの試合とは全然違うということです。中学の時でも体が強かったり走りが早い身長が高いなどの選手は沢山いました。しかし、高校ではその選手たちに判断の速さや予測の部分の能力が高く賢い選手がいるなと試合に出て感じています。通用した部分は、「体力」「体が小さいなりの守備の仕方」「予測」「判断の早さ」です。監督には体も大きいわけではないし、走りも特別早いわけではない、それに足元もドリブルが武器なわけではない、そこでどのような所で勝負するのか。賢い選手になれとよく言われます。賢くサッカーをやるという部分が個人的には少しでも通用したと思います。


    ②BSCジュニアユース時代で頑張ったこと

    練習を集中して取り組むこと、練習を無駄にしないことです。高校でも中学で学んだオンとオフの切り替えの部分が質の良い練習に繋がっていると思っています。


    ③今後頑張っていきたいこと

    まずは試合に出ること。そのために一つ一つの練習を無駄にしないこと。やる時はやる。監督に言われたヒントを自分なりに考え答えにすること。考えてプレーすることで判断の早さ、予測の部分など賢い選手へと近づけると思うので試合に出るために今言ったことをしっかりとやっていきたいです。


    チームを巣立った選手がそれぞれの舞台で活躍している情報を聞くととても嬉しく思います!現在活動する選手たちの目指す姿としてお手本にしたいと思います!ますますのご活躍をお祈り申し上げます。

    【BSCバスケットボールスクール】4/6(水)活動日記

    BSCバスケットボールスクール



    バスケットボールスクール、2022年度がスタートしました!⁡

    いつも元気でワイワイ賑やかなスクール生たちですが、学年が1つ上がり、コーチの話をしっかり聞けたり、下の学年に声かけするなど、頼もしい姿も多く見られました!「〇〇ができるようになりたい」「こんなプレーがしたい」と一人一人が目標を持って練習していけるよう、コーチたちもメニューを工夫しながら活動していきます。


    スクールの申し込みはクラブ公式ラインまたはメール: contact@biwako-sc.jpまでお願いいたします。他にも情報等はクラブ公式サイトよりお問合せお願いします!

    スクール無料体験フォームはこちら

    【BSCスポーツ鬼ごっこスクール】4/3(日) 活動日記

    BSCスポーツ鬼ごっこスクール

    スポーツ鬼ごっこスクールが年度最初のスクールでした!⁡

    4月3日から新1年生も参加!先日の体験会もあり、スムーズにルールも理解できていました!スクール生の声かけの優しさ・良さが広がっていて仲間を大切にできる姿に心の成長を感じています!プレー面でも相手をはがすために「キャンセル」を意識することで、相手を引きつける動きを身に付けられています!

    また次回は4月17日(日)!仲間を大募集!ぜひスポーツ鬼ごっこのスクールをやってみませんか?

    スクールの申し込みはクラブ公式ラインまたはメール: contact@biwako-sc.jpまでお願いいたします。他にも情報等はクラブ公式サイトよりお問合せお願いします!

    スクール無料体験フォームはこちら

    【「する」楽しさと「支える」楽しさ】C大阪 山口氏インタビュー!

    今回、来年度よりセレッソ大阪トップチームのサブマネージャーに入団が決定したびわこ成蹊スポーツ大学サッカー部の山口氏へインタビューをさせていただきました。プレーヤーの「する」立場からマネージャーの「支える」立場へ決めたきっかけや、スポーツへの関わり方について話をさせていただきました!

    山口 大貴(やまぐち たいき)氏

    • 【経歴】滋賀県立八幡商業高校-びわこ成蹊スポーツ大学マネージャー(4年次:主務)
    • 【入団クラブ】セレッソ大阪トップチーム サブマネージャー

    野仲:今回は私の同期で、来年度セレッソ大阪トップチームのサブマネージャーに入団が決定した山口大貴氏にお話をお聞きしたいと思います。山口さん、本日はよろしくお願いいたします。

    山口:よろしくお願いします。


    野仲:山口さんは大学からマネージャーとして活動をされ始めたとお聞きしたのですが、高校まではどんな選手だったのでしょうか。

    山口:まず、私は小学校5年生の後半からサッカーを始めました。それまではスポーツは習い事ではしていませんでしたが、父が野球をしておりスポーツをしてほしいという願いがあったようで、やりたいことを伝えるとすぐに習わしてもらえました。ちなみに、サッカーを始めたいと思ったきっかけは2010年南アフリカW杯本田圭佑選手のフリーキックをテレビで見たことです。


    野仲:あれは自分も見ていてとても衝撃的だったのを覚えています。

    山口:そうですね、物凄い衝撃が脳裏に残っています。そこからはプロサッカー選手を夢見ていました。


    野仲:では何故大学で選手からマネージャーという『やる』から『支える』という立場へ変わる決断をしたんですか?

    山口:高校3年生の時にテレビでみた「ホペイロ」を取り上げた番組がきっかけです。その番組を見る前に、選手として最後の大会に向けて遠征中、両膝をケガしてしまい全治1年と言われました。元々ケガがちで病院へ通いながらプレーをしていましたが、大会前に爆発してしまい選手として最後のピッチに立つことが叶わなくなってしまいました。そんな時にテレビでホペイロとして活動をされている方の特集を見てかっこいいなと思い、その道を目指すようになりました。スパイクなど手入れしたり用具に関する知識も人一倍あったので元々関心がありました。


    野仲:ちなみに、ホペイロとはどんな職業、どんなことをする人なんでしょうか?

    山口:「ホペイロ」とはポルトガル語で「用具係」を意味するrouperioという言葉です。サッカーのスタジアムの選手が試合で使うロッカールームにあるユニフォーム、スパイクなど用具を準備・管理したり、それだけでなく日々のトレーニングのコーンやマーカーの準備、ドリンクの用意など選手がストレスなく取り組むことができるような環境を作るのが仕事です。


    野仲:マネージャーとしての楽しさとプレーヤーとしての楽しさはどこが大きく違いますか?

    山口:チームの結果に対する嬉しさの量、勝って嬉しい負けて悔しいという感情は変わりませんが、選手だったら点を決めて嬉しい、アシストをして嬉しいなど自分の行動の結果が直接楽しさになっていました。マネージャーになってからは、自分の行動が試合に直接影響を与えることはないかもしれません。水を準備したり、ボールを拾ったりで勝つことはないですが、自分のサポートで選手が最大限に力を発揮することが出来て点を取ったり、試合に勝つことが出来るのはより嬉しく感じます。自分がスパイクを手入れした選手が試合で活躍してくれるのもやりがいを感じる瞬間です。


    野仲:そう言う意味では戦っているのは選手だけではないなと思いますね。特に大学時代はグラウンドを選手以上に走っていた印象があります。

    山口:そうですね(笑)膝の悪い時分には辛い仕事でした。


    野仲:マネージャーとして「支える」側になってみて実際どうでしたか?

    山口:私が支える側として頑張れる要因は2つあります。1つはサッカーが大好きなことです。とにかくサッカーが好きでケガをして自分が出来なくなっても何かしらの形でサッカーに関わりたいと思っていたので続けることが出来たんだと思います。もう1つは選手への羨ましい気持ちを持っていることです。選手としてプレーできる体があれば私はプロを目指し続けていたと思います。大学でも選手として取り組み、プロを目指している選手たちを見ていると羨ましく感じます。それでも選手としては特別優れた成績を残した訳でもなく、秀でた能力や技術を持った訳でもないですが、日本のJリーグのチームの一員として活動できることになりました。そういう意味では子どものころから目指していたプロの世界に入ることが出来たので、その決断をしてよかったなと思います。


    野仲:選手以外にも魅力的な関わり方は沢山あるんだよと、私自身も学生コーチという立場から思いますが、山口さんの立場から思う子どもの時にしたほうがいいこと、考えておくべきことは何かありますか?

    山口:大学生でマネージャーとしての活動をこれから始めるという立場なので偉そうな事は言えませんが、やはり「好きを貫くこと」だと思います。「選手ってかっこいいな!」と思っていた所から、コーチやマネージャー、トレーナーなどいろんな人がいてプロの選手は活躍できているんだとサッカーに関わり続けることで知ることが出来ました。好きだから続けることが出来て、様々なタイミングや出会いから夢であったプロの世界に入ることが出来ました。辛い時やしんどい時に乗り越えられるだけの好きな気持ちを持っておくことが大切だと思います。


    野仲:今回は貴重なお話をありがとうございました!今後のご活躍を期待しております。


    (インタビュアー:野仲)


    選手としてプロを目指す以外にも様々な道がある!そしてその道で輝くためにも好きでいられるものを是非見つけてほしいです。
    山口さん、貴重なお話ありがとうございました!今後の活躍を期待しております。

    【新年度のスタートにサッカーを始めよう!】志賀ジュニア新入会員大募集!

    志賀ジュニア(サッカーチーム)

    「BIWAKO.S.C 志賀ジュニア」は、文部科学省(日本体育協会)が推進する総合型地域スポーツクラブ NPO法人BIWAKO SPORTS CLUBの一員として活動している小学生(少年・少女)のサッカークラブチームです。大津市・高島市の小学生を中心に、サッカ-を通じて健康で明るく創造力のある人間つくりに寄与することを目的に設立され、現在は1年生から6年生までの60名が所属しています。

    中学生年代のチームであるBSCジュニアユースと連携して子供の発育発達に応じた一貫指導を行い、BSCのサッカースクールや他のスポーツプログラムと合わせて「個の育成」を主眼に指導しております。指導は各年代に応じた日本サッカー協会の公認ライセンスを取得した指導者が行っています。また、この年代におけるスポーツ活動の正しい理解とサポートのため、保護者向け勉強会・セミナーも積極的に実施しています。

    この度、志賀ジュニアでは一緒にサッカーをする新たな仲間を募集します!仲間と一緒に取り組む楽しさや、同じ目標に向かって頑張る経験を得られます。

    そしてサッカーの練習や試合を通して、3つの育成ポイントを柱に活動しています。

    • 1つめは「スポーツ好きな子ども」を育てる。
    • 2つめは課題を「克服できる力」を伸ばす。
    • 3つめは自ら進んで取り組む「自主性」を育てる。

    「低学年ではプレーを楽しみながら個々の基礎技術の習得」「高学年ではグループ戦術を通じて共同作業ができる能力、協調性の向上」に重点を置き、チーム全体として「自分たちを応援してくれる全ての人へ、いつも感謝とリスペクトを忘れない」サッカープレーヤーを育てたいと考えています。

    さらに、この機会に入会してくださった方限定で、志賀ジュニアよりサッカーボール⚽(Molten PELADA 4号球)をプレゼントします!『サッカーを始めてみたい!』『サッカースクールに通っているけど、試合経験を積んでみたい!』などなどきっかけは何でもOKです。コーチたちが全力でサポートします!

    【練習体験日】

  • 毎週土曜日、木戸小学校グランド
    ・1,2年生 9:00~11:00
    ・3,4年生 9:00~11:15
    ・5,6年生 9:00~11:30

    ※雨天中止 入会説明会は日程が決定し次第別途ご案内いたします。

  • 【スタッフ数】

  • 17名

    ・JFA公認B級コーチ:3名 ・JFA公認C級コーチ:6名 ・JFA公認D級コーチ:4名 ・JFA公認キッズリーダー:2名 
    ・JFAスポーツマネジャー資格Grade3:1名 ・その他:3名
    ・JFA審判員 3級:2名/4級:9名 ※JFA:日本サッカー協会

  • 【代表者】

  • 大道 篤 別ウインドウで開きます

  • 【お問い合わせ連絡先】

  • ※体験練習・入会説明会へのご参加を希望される方は、contact@biwako-sc.jp までご連絡ください。
  • 【お知らせ】HPリニューアル記念! 記念イベント実施について

    クラブホームページリニューアル記念イベントの開催!

    このたび当クラブでは2021年度11月にHP(公式Webサイト)をリニューアルいたしました。今回そのリニューアルに際し、作成いただいた上、クラブの賛助会員にも加入いただいた“鉄腕”,“キーデザイン”様との連携事業を実施する事となりましたので、ご報告いたします。

    「鉄腕」様ご紹介

    小さな会社のホームページはコンセプトが大事!小さな会社を強くするホームページ作成の”鉄腕”です

  • 小さな会社を強くするホームページ作成の鉄腕
  • 「キーデザイン」様ご紹介

    ホームページ制作やパソコン、スマホ教室で地域の中小企業の活性化をお手伝いする”キーデザイン”です

  • WEB制作キーデザイン
  • ホームページのいろんな困ったをプロが本気アドバイス

    HPにおけるお困りごとや集客における活用方法などについてアドバイスが受けられるサービスとなっております。

    保護者様におかれましては、自営業者の方やお勤めの企業・会社でHPを担当されている方などご検討いただけますと幸いです。

    イベント詳細について

    下記詳細をご覧の上、お申し込みをお願いいたします。

    実施について

    オンラインZOOMを活用し実施

    コースについて

  • ・相談コース 1時間/5,000円(賛助会員4,000円)→先着3名無料:ホームページのお困りごとの改善ポイントをお伝えします。

  • ・診断コース 2時間/20,000円(賛助会員18,000円)診断レポート付き:アクセス解析ソフトを使って、現在のホームページの問題点を詳しく診断し、改善ポイントをお伝えします。

  • お申込みについて

    お申込みはこちら

    その他について

    詳細は添付のパンフレットをご参照ください
    ぜひご検討のほどよろしくお願い申し上げます。

    なお、ご不明な点などがございましたら、下記問い合わせ先までお気軽にお問い合わせください。

    問い合わせ

    びわこスポーツクラブ 事務局
    担当:土井
    電話:090-3865-0722まで

    1 2 3 4 39