【BSCから全国へ!】OB選手活躍情報!

OB選手情報!

先日開催されました全国高校サッカー選手権大会滋賀県大会決勝戦に、草津東高校3年生でBSCジュニアユースOBの佐藤潤弥選手(仰木SSS)が出場され、綾羽高校と激闘の末、草津東高校が3-2で勝利し、優勝されました。
草津東高校は12月28日に開幕します本大会に出場されます。また、滋賀県大会の優秀選手が発表され、チームはベスト8ながら守山北高校3年生の谷本航輝選手(今津SSS)が選出されました。

そして、インカレに出場し、大学サッカーで活躍されている松崎佑哉選手の3名からコメントを頂きました。

佐藤 潤弥選手

  • 【経歴】仰木SSS-BIWAKO.S.C.ジュニアユース-草津東高校
  •   第100回全国高校サッカー選手権大会出場

①優勝の感想について

中学生の頃から選手権の決勝の舞台に憧れていて、高校3年間をサッカーにほとんど費やし努力してきたので本当に嬉しかったです。また、応援し支えてくれた両親や友達、学校の先生方に対して恩返しの意味を込めた勝利にできたので良かったです。

②BSCジュニアユース時代で頑張ったこと

きつい練習メニューの時やテスト期間中の時も手を抜かず常に全力で取り組んでいました。何事にも手を抜かないことは高校サッカーでもとても大切になるので、中学時代に全力で頑張っていて良かったと思います。

③活躍するためには何を頑張ればいいのか

どこのポジションの選手もトラップとパスを一つ一つ意識して自分の思う所に止める・蹴るが出来る様にならないと本当に何も出来なくなってしまうので、2人組でパスをひたすら練習すれば良いと思います。

④今後の意気込み

全国大会出場に向けて、全国ベスト8の目標をチームで掲げているので達成できるようにまだまだレベルアップしてチームに貢献できるように頑張ります。

谷本 航輝選手

  • 【経歴】今津SSS-BIWAKO.S.C.ジュニアユース-守山北高校
  •   第100回全国高校サッカー選手権滋賀県大会優秀選手

①優秀選手に選ばれた感想について

“継続は力なり”という言葉があると思いますが、僕は小さい頃からこの言葉を信じ日々練習に取り組んでいました。ですが、優秀選手に選ばれたのは決して自分1人だけでは叶わなかったことで仲間がいてくれたからだと思います。

②BSCジュニアユース時代で頑張ったこと

BSCジュニアユースではとにかく毎日休まず練習に励んでいました。今思えばもっとやるべきことがあったと思いますが、でも休まず練習することは簡単のようで難しいと思います。このように毎日練習を継続したからこそ優秀選手に選ばれたのだと思います。

③活躍するためには何を頑張ればいいのか

僕の高校では”友情は最高の戦術”という言葉があります。僕はこの言葉が好きです。サッカーをするにはコミュニケーションというのはとても大事で、それはただ友達とサッカーするのではなく、お互いのことを理解し、厳しいことも言い合える仲間のことだと思います。このようなチームはより成長し、その結果勝つことができると思うので、みんなにもなんでも言い合える仲間同士になってほしいと思います。

④今後の意気込み

僕は今後の進路で一線からは退きますが、これから今までのサッカー人生を生かして自分の将来やりたいことをやれるように頑張っていきたいと思うます。そして、今まで様々な面でお世話になった両親に親孝行できるように頑張りたいです。

松崎 佑哉選手

  • 【経歴】里東FC-BIWAKO.S.C.ジュニアユース-比叡山高校-高知大学
  •   全日本サッカー選手権大会(インカレ)出場

(写真左:32番松崎選手)

①インカレを終えての感想

チームとしても個人としても残念な結果に終わり、悔しい気持ちもありますが、今はやりきったという清々しい気持ちの方が強いです。インカレに出場できたことは自分にとって、サッカーを続けてきてよかったと思える瞬間でした。試合後、様々な人から連絡が来て、多くの人の支えがあるから自分はサッカーを出来ているんだなと改めて実感しました。これまで何不自由なく、サッカーを続けさせてくれた両親には特に感謝しています。

②ジュニアユース時代に頑張ったこと

ジュニアユース時代はしんどい練習も多く、とにかく目の前のことに必死に食らいついていたような気がします。もう少し、先を見据えて、考えながらサッカーしたほうがよかったなと思うこともありますが、目の前のことから逃げずに、粘り強く取り組んだ過程は高校、大学でも自分の大きな支えになりました。

③活躍するためには何を頑張ればいいのか

特に力を入れてほしいこととして、自分からは二つのことを伝えたいです。
一つ目は、これだけは誰にも負けないという自分だけの武器を身につけることです。チームでこれだけは自分が一番と言える武器を見つけて、それを伸ばすことに力を入れて欲しいです。レベルの高い高校、大学では、中学時代、上手かった選手でも何か突出した武器を持っていないと、監督に使ってもらえず、埋もれてしまうことが多くあります。短所をなくすことも大事ですが、長所を伸ばすことが、これから、自分のプレイヤーとしての価値を高める上で重要になってきます。技術や身体能力だけではなく、サッカーの試合で使える武器には多くのものが存在するので、自分にしかできない武器を見つけて伸ばしてください。
そして、二つ目は止める・蹴るという技術を徹底して鍛えることです。止める・蹴るは言うまでもなくサッカーの基本です。ここができない選手としっかりしている選手ではこれから先、明確な差が出てきます。身につくまで時間のかかる技術ですが、これを怠ると苦労します。

④BSCのみんなに向けて

高い目標を持ってサッカーをしていると楽しいことだけではなく、しんどいこと、辛いことも多く出てくると思います。努力が報われる瞬間はほんの一瞬だけかもしれません。しかし、自分はその一瞬ほど価値のあるものに出会ったことはありません。BSCでサッカーをするならみんな全力で一生懸命に取り組んで欲しいです。頑張ってください。

チームを巣立った選手たちがそれぞれの舞台で活躍している情報を聞くととても嬉しく思います!
現在BSCで活動する選手たちの目指す姿としてお手本にしたいと思います!益々のご活躍をお祈り申し上げます。